軽キャンを運転中もう一人は後ろで寝てていいの?

軽トラキャンピング(軽キャン)運転中にもう一人の人は後ろで横になって寝てていいのか?しらべてみました

日本の法律では走行中にベット(寝台)を使用できるのは、救急車や患者搬送用などの医療用車両の指定を受けている、ごく限られた車だけです。

ベットスペースを備えた大型トラックや、長距離バスの車両下部に仮眠室を備えているのも、走行中の使用は禁じられています。

2017年7月に法律改正され、シートベルトを装備していても、走行中の横向きシートの使用が違反になりました。

(除外事項があります。)
・1と4ナンバー車は2016年7月20日以前に製造された車両
・3と5ナンバー車は2017年7月24日以前に登録された車両
・キャンピングカー登録である8ナンバー車
以上の車両は法律適用外になります。

次に走行中、キャビンの座席に座れないキャンピングカーは、運転席と居住空間が直接的につながっていない車両の場合です。トラキャンと言われるカテゴリーの中には、トラックの荷台にキャンピングシェルを積載するモデルがあり、こうした、キャンピングカーは運転室と後席が直接的にコミニケーションがとれません

また、キャンピングトレーラーと同様、キャビンの座席に座って移動できません

キャンピングカーに期待している方もいると思いますが、基本的にキャンピングカーは、安全な場所に駐車してから使うようにできているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です